パーソナルカラー診断を利用する

パーソナルカラーとは

個人の色といった意味になるパーソナルカラーですが、ではどのように診断をしていくのでしょうか。
それは、もともとその人が持っている色、肌の色や目の色、髪の色などと一番調和する色のことをパーソナルカラーと言います。

パーソナルカラーを使うと、顔色がよく見えたりその人の個性がしっかりと伝わるなど、印象がよくなります。
第一印象があまりよくないという方は、もしかしたらパーソナルカラーを知る事で変わるかもしれませんよ。

パーソナルカラーは全部で春夏秋冬の4タイプに分けることができます。
診断方法はネットでも簡単にできるのですが、肌の色や髪の色、唇の色やしっくりくると思っている色などの項目にこたえていくとどのタイプに分かれるか簡易的な診断ができるのでぜひ試してみてください。

好きな色と似合う色

4つのタイプはそれぞれ、季節の雰囲気と色をリンクさせています。
春は、花や緑を思わせる色や果物などのフレッシュな色味。
夏は、初夏のふんわりとした色味の植物を思わせるパステルカラー。
秋は、紅葉などの自然を意識したいわゆるアースカラー。
冬は、きりっとした空気を思わせるクールな印象のビビッドカラー。
といったように分けられます。

各々診断結果は分かれるところとなりますが、この大枠のタイプを知るだけでも、ショッピングで悩んだときに、実際に手に取ることが出来なくても自分に似合う色かどうかを判断する材料になります。
また、パステルカラーはメイクにも同様のことが言えますので、チークやリップなどのカラー選択の基準としても使えるので、ぜひ一度パーソナルカラー診断をしてみてはいかがでしょうか。


▲ TOPへ戻る